ヒアルロン酸注入による豊胸の効果とリスクについて

プチ整形としても人気の高いヒアルロン酸の注入による豊胸は、シリコンバッグなどの大掛かりな手術をするのに抵抗があるという人に適している美容医療の一つです。


ヒアルロン酸はもともと体内にも存在している成分であるため、拒否反応などが少なくいずれ体内に吸収されてしまうので除去したり取りだす必要もありません。

また、注射器で注入するだけの施術であるため施術時間が短く体への負担が少ないこととダウンタイムなどもほとんどないと考えて良いでしょう。痛みや腫れ、内出血が起こる可能性も少ないので、当日から普通に日常生活を送ることができます。

注目の浦和のヘアサロンの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

注入するだけなので胸の形が自然に仕上がるのも特徴です。

新宿の発毛の効果の最新情報ならこちらを参考にしてください。

ヒアルロン酸の注入による豊胸のサイズは、1カップほどだとされています。

一般的に100ccか120ccを注入するのが通常であり、それ以上たくさんいれてしまうとごつごつしたり触り心地が悪くなるので入れ過ぎないようにするのが良いとされています。
そして、ヒアルロン酸の注入による豊胸の持続時間は1年未満とされており、体内に入ると徐々に分解されて溶けていくのでその状態をキープしたければ定期的に注入をしていく必要があります。

ただ、この方法で豊胸を行う場合、注入施術を行う人のもともとの胸の厚みによって胸の固さが変わってくることがあります。胸の厚みがある人の場合、その厚みがクッションの役割をするためにヒアルロン酸の固さは表面には伝わりにくいですが、胸の厚みが少ないとヒアルロン酸の固さがダイレクトに外側に伝わってしまいますので注意が必要です。

施術時間が短く、ダウンタイムもほとんどないヒアルロン酸の注入ですが、実はいくつかのリスクも存在します。



ヒアルロン酸は体内で分解されていずれ吸収されていくのですが、稀に吸収されずにしこりとなって残ることがあります。

しこり自体は悪いものではないのですが乳がん検診の際に精密検査が必要になったりごつごつして痛みを伴うこともありますので注射器で吸い出したりして取りだすほかに、しこりを溶かすような溶解注射をすることもあります。

手軽である分、体内に吸収されたらまた何度も複数回注入することは可能ですが、大きさを長期間維持したいのであればシリコンバッグを挿入する方法を試した方が良いといえます。

何度も繰り返し注入を行うことでしこりができやすくなったりごつごつして固い胸になる可能性もありますので、ヒアルロン酸の注入による豊胸は1~2回程度で収めた方が良いでしょう。

そして、手軽で簡単に済むので安いのではと思われがちですが、ヒアルロン酸の10ccあたりの注入で3~4万ほどであるため、両胸に100ccずつ注入することを考えたら60~80万ほどかかるとされています。

大宮の足脱毛の情報もあります。

クリニックによっては非常に安い価格で施術を提供している場合には、品質の悪いヒアルロン酸を使用していたりベテランの医師ではなく新人の医師が施術を行っている、あるいは韓国製の原価の安いヒアルロン酸を使って居るなどの理由が考えられますので、安易に価格だけでクリニックを選ぶようにするのは避けた方が良いといえるでしょう。


大阪で多汗症治療の専門技術を身につけましょう。

http://matome.naver.jp/odai/2142600520952990101
http://news.biglobe.ne.jp/qa/2012/0318/7368965.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12139802952


Copyright (C) 2016 ヒアルロン酸注入による豊胸の効果とリスクについて All Rights Reserved.